在宅看護教員ってどんなの?求人募集はどこにある?

在宅看護教員とはいったいどのような仕事内容なのでしょうか。

在宅看護に馴染みはあっても在宅看護教員はなかなか耳にする機会がないでしょう。

ここでは在宅看護教員の募集について説明していきます。

 

 

在宅看護と在宅看護教員

 

在宅看護とはその名の通り、病院ではなく自宅にて看護を行うというものです。

高齢化が進んだ日本では、在宅看護の重要性が認知され始めています。

この在宅看護は通常の看護とは異なる知識が必要になる場面も多く、在宅看護学も展開されている程です。

 

この在宅看護について教えるのが在宅看護教員です。

 

在宅看護教員の数はまだまだ少なく、看護教員の中でも珍しいものになりますが、今後在宅看護が広く利用される様になるに連れ在宅看護教員は増えていくと考えられています。

 

 

在宅看護学

 

在宅看護学とは簡単に言えば、在宅で行う看護そのものです。

しかし在宅看護というのは少ない設備で状況変化にも対応し、さらに少ない人数で緊急時にも対応できる能力のいる重要な仕事になっています。

 

在宅での看護の重要性、そして在宅を選択する患者のニーズに答え精神的にもサポートするという大きな役割があります。

 

そのため在宅看護学では、在宅での看護と医療現場での看護の違いを説明し、看護を実践するという内容になっています。

 

在宅看護の臨床経験のある看護師が都道府県で行われている看護教員養成講座を受講したり、または看護大学の単位を取得するなどして在宅看護教員になります。

 

 

在宅看護教員になるためには

 

在宅看護教員は在宅看護学について教えることになるのですから、在宅看護の臨床経験が必要になります。

 

在宅看護の臨床経験が5年以上あることが好ましいと言われていますが、在宅看護自体が間もない看護であるため、臨床経験の長さよりは研究内容や論文などが重視される傾向があるようです。

 

在宅看護教員になるためには条件を満たし、看護教員募集サイトなどで求人を見つけることになります。求人件数は少ないため、見つかりにくいとも言えます。

 

在宅看護学を学べる学校のホームページなどをチェックするようにしましょう。

 

 

 

このように今後在宅看護教員の数は増えると予想されていますが、現在は求人数が少なくなっていますので注意してください。

 

それでも看護教員求人サイトなどで募集が行われる可能性もありますし、大学看護教員として学校ホームページ上で募集されることが考えられますので日ごろからチェックを行うようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ