看護教員の一般的な給料水準

看護教員を目指す看護師または学生にとって、看護教員の給料は非常に気になりますよね。

ここでは看護教員の給料や看護師との勤務体系の違いについて説明します。

 

 

看護教員の平均給料とは?

 

看護教員の平均給料はどのくらいだと思いますか。

看護師の場合の平均給料、平均年収は450万円前後になると言われています。

 

看護教員になれば、看護師よりも給与がアップすると考えている方が多いですが、実際には看護教員の平均給料、平均年収は450万円前後です。

つまり看護師と給与は変動しません。

 

夜勤の多い看護師と比べると、夜勤のない看護教員の方が給料が低くなることも珍しいことではありません。

 

また都市部とそうでない地域では給料に差があることもありますが、その場合でも看護教員と看護師の間に大きな給料の差はないと言えます。

 

 

看護教員の平均残業時間は?

 

看護教員の平均残業時間はどのくらいでしょうか。実は看護教員の平均残業時間は分かっていないと言えます。

 

なぜなら、看護教員は大学で働いている方や、専門学校で働いている方、高校で働いている方など様々な場所で活躍されている方が多いですので、残業時間を平均することは出来ないのです。

 

一般的に講義の準備などには時間が掛かってしまうこともありますが、決められた時間内で講義を行い、実習を行いますので、現場で活躍されている看護師に比べれば残業時間は少ないと考えられています。

 

 

看護教員と看護師の勤務体系の違い

 

看護教員と看護師は職務内容も大きく異なりますが、勤務体系も大きく異なります。

看護教員は学生に合わせたスケジュールで規則的に働くのに対し、看護師はそうではありません。

 

看護師は夜勤もありますし、休みも変則的です。

 

看護教員を目指す方は看護教員の職務内容に引かれて看護教員を目指すことになりますが、規則的な時間内の勤務が魅力であったと答える方も多いです。しかし福利厚生は大きく異なる場合があります。

 

看護師の福利厚生も非常に手厚いものになっていますが、教諭の福利厚生はそれ以上に手厚いものになっています。

 

特に高校の看護科で看護教員を行う場合などでは、給料や勤務内容以上に福利厚生が異なると考えていいでしょう。

 

教員に対して高給なイメージを抱くこと自体が既に、時代遅れなのかもしれません。

看護教員は看護師と比較して大きく異なるのは職務内容であり、給料ではありません。

 

看護教員を目指し始める方は驚くかもしれませんが、看護師と給料は変わりませんし、夜勤がない分給料が下がったという方もいるくらいです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ